練馬区 個人再生 法律事務所

練馬区在住の方が借金返済について相談をするなら?

借金をどうにかしたい

借金の金額が増えすぎて返済が厳しい…。
債務整理して、借金の悩みから解放されたい…。
もしもそう考えているなら、すぐに司法書士や弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、返済金が減額したり、といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談ができる法律事務所・法務事務所もたくさんあります。
ここでは、それらの中で練馬区に対応している、おすすめの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、練馬区にある他の法務事務所や法律事務所も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、自分だけではなかなか解決できません。
弁護士や司法書士の知恵・知識を借りて、解決策を見つけましょう!

練馬区の人が個人再生・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

練馬区の借金返済・債務解決の相談なら、ここがおすすめ。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払は、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをストップするのも可能。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、借金の悩みについて無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリのやり方で借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、おトクに解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので練馬区の人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



練馬区近くの他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

練馬区には他にも法律事務所や法務事務所があります。参考にしてください。


●佐藤卓哉司法書士事務所
東京都練馬区東大泉1丁目34-8本橋ビル202号
03-5935-9851
http://sato-shiho.or.tv

●飯塚覚司法書士事務所
東京都練馬区春日町5丁目35-33
03-3990-9325

●相澤法律事務所
東京都練馬区石神井町4-6-3ダイナシティ石神井公園2階
03-3995-1055
http://aizawa-law.jp

●明星司法書士事務所
東京都練馬区大泉学園町2丁目20-6
03-5935-8805
http://shihou-akeboshi.com

●佐々木大助司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目4-30
03-3999-6594

●きのした法律事務所
東京都練馬区2丁目29-13森ビル2階
03-5921-2766
http://kinoshita-law.net

●さくらリーガル(司法書士法人)
東京都練馬区春日町5丁目33-29かすがコーポラス1F
03-3970-7500
http://sakura-legal.or.jp

●岩崎行雄司法書士事務所
東京都練馬区石神井町2丁目14-31
03-3995-9811
http://shiho-iwasaki.in.coocan.jp

●平松司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目2-3西武ルミエール春日台1F
03-3970-7741
http://office-hiramatsu.com

●鈴木司法書士事務所
東京都練馬区桜台1丁目8-3
03-3948-6102

●ねりま光法律事務所
東京都練馬区豊玉北6丁目4-6NEWVALLEY2F
03-6794-4171
http://nerima-hikari.jp

●高田司法書士事務所
東京都練馬区東大泉5丁目41-29
03-5935-9317
http://oz-web.biz

●北西法律事務所
東京都練馬区練馬1丁目2-8若葉ビル7階
03-5946-9271
http://kitanishi-law.jp

●関口司法書士事務所
東京都練馬区氷川台3丁目39-3ルミエール氷川台209
03-5946-4611
http://homepage2.nifty.com

練馬区にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

練馬区在住で多重債務、困ったことになった理由とは

クレジットカードの分割払いや消費者金融等は、尋常ではなく高利な利子がつきます。
15%〜20%もの金利を払わなければなりません。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年)くらい、自動車のローンも年間1.2%〜5%くらいですから、すごい差があります。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているようなキャッシング業者だと、利子が0.29などの高い利子をとっている場合もあるのです。
とても高額な利子を払いつつ、借金はどんどん膨らむ。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないですが、高利な金利で金額も多いとなると、完済は難しいでしょう。
どう返済すればいいか、もうなんにも思いつかないなら、法律事務所・法務事務所に相談すべきです。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと考え出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金を請求して返済額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

練馬区/借金の遅延金の減額交渉とは|個人再生

借金を返せなくなってしまう理由のひとつには高い利子が上げられます。
いま現在はかつての様なグレーゾーン金利も無くなってはいるが、それでも無担保のキャッシング若しくはカードローンの利子は決して利子は決して低いとはいえないでしょう。
それゆえに返済のプランをしっかりと立てて置かないと払い戻しが困難になってしまって、延滞が有る時は、延滞金が必要になるのです。
借金は放っていても、もっと利子が増して、延滞金も増えるでしょうから、早目に処置することが肝心です。
借金の払い戻しができなくなってしまったときは債務整理で借金を減らしてもらうことも考慮していきましょう。
債務整理も多種多様なやり方が有りますが、減額することで払い戻しができるのであれば自己破産よりも任意整理を選ぶとよいでしょう。
任意整理をしたら、将来の金利などを減額してもらう事が出来、遅延損害金などの延滞金も交渉によっては軽くしてもらう事が出来るから、随分返済は楽に行えるようになります。
借金が全額なくなるのではないのですが、債務整理前と比べて随分返済が楽になるだろうから、より順調に元金が減額できる様になります。
こうした手続は弁護士など精通している方に依頼すればよりスムーズに進むので、まずは無料相談などを利用してみてはいかがでしょうか。

練馬区|自己破産のリスクってどんなもの?/個人再生

はっきし言って世間で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。マイホーム・土地・高価な車等高額なものは処分されるのですが、生活していくうえで必ず要るものは処分されません。
又20万円以下の預貯金は持っていてもよいのです。それと当面の数カ月分の生活するうえで必要な費用百万円未満ならばとられる事は無いでしょう。
官報に破産者のリストとして載るがこれも僅かな人しか見てません。
又いうなればブラックリストに載ってしまい七年間くらいはキャッシング又はローンが使用できない現状になるが、これは仕方が無い事なのです。
あと一定の職に就けなくなるということも有ります。だけれどもこれもわずかな限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返済する事ができない借金を抱えてるのならば自己破産を実行すると言うのも一つの手段です。自己破産を行えばこれまでの借金がなくなり、新しい人生をスタートするということで長所の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士・弁護士・公認会計士・税理士等の資格は取り上げられます。私法上の資格制限として後見人や遺言執行者や保証人にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどこれらのリスクはほぼ関係が無いときが多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃない筈です。