勢いで吠える妹と暑い日差し

人生において、「第一歩」の意味合いってなんだろう。無関係って言えるだろうか。「パエリア」は、あなたにとってはどんな意味があるんだろう。

じめじめした大安の昼は読書を

「今晩はカレーよ。」
少年は母親のその言葉を耳にして、思わず「ヤッター!」と叫んだ。
少年は学校から帰って、ソファーに寝転がってテレビを見ているところだった。
今日は格別に西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどき鳴っていた。
テレビでは、かつてのなつかしアニメを再放送していた。
今日は「一休さん」だ。
こんな頭が回る坊主が今いたら、学校のテストなんて満点だろうな、と少年は少し嫉妬を感じていた。
しかし、コトコト煮える鍋からカレーの匂いが居間まで漂ってきた時、少年は一休さんのことなんて頭から飛んでいってしまった。

よく晴れた水曜の夕暮れに食事を
夕方、時間にゆとりが出来たので、ゲオに向かった。
新規でmp3playerに入れるミュージックを見つけるため。
ここ最近、持ち歩いて楽しんだ曲が西野カナさん。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もクールだと思う。
と思い、今回レンタルしたのはセルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘いヴォイスと仏語がミステリアスだと思う。

雹が降った火曜の午後に食事を

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手なので、仏頂面で体操着に着替えていた。
おそらく今日は、運動は何でもこなすケンイチ君が活躍するのだろう。
今日はおそらく、運動神経のいいケンイチ君ばかり活躍するだろう。
ということは、少年が大好きなフーコちゃんも、ケンイチ君のすごい所を見ることになるのだろう。
少年はため息をつきながら、運動場へ小走りで出て行った。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年の方を何度も見てたのを、少年は気がつかなかった。

どしゃ降りの火曜の夕暮れに料理を
昔から興味はあっても行ったことはない、しかし、夜の動物園は、夜に活動的な動物がめっちゃ動いてて昼とは違い観察していて楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少し怖がらないようになったら見てみようと妻と話している。
もうちょっと夜もおきていれるようになったら、必ず、娘も笑ってくれると思うから。
昼間の動物園と異質のムードを自分も少々、経験してみたい。

息絶え絶えで口笛を吹く子供と霧

育った地域が違うと食生活が違うのを妻と暮らしだしてからとても気づくようになった。
ミックスジュース作ろうかと嫁から急に聞かれ、買ってきていたのかなと思ったら、地元では作ることが普通らしい。
缶詰のモモやら他とアイスを挿入して、ミルクをさらに加えてミキサーでシェイクして終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは未知の体験だったが、とても感動した。
好きだったし、今でははまって、俺も作り飲んでいる。

ひんやりした平日の日没に椅子に座る
個人的に、好きなものや好みが存在すると思うが、どんなものかリサーチするのが好き。
友達に質問してみると、金、良い生地のランジェリーお母さんのことが大好きとの事。
さらに、男の人の血管の出た手の甲。
それにロシア語の響き。
私には不明。
りんごアメ、シャツを身につけないで厚手のニット、アバクロの香水、声の高い女性が好きだと、話してみた。
なかなか意味不明だとの事だった。
まさにこれは、フェチという部類だという。

よく晴れた木曜の早朝に椅子に座る

友達のボーイフレンドが梅干し屋さんらしい。
都心に本社を置き中国に店もあり、和歌山に自社工場がある。
日本全国に、定期的に、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
夜中、こんな話を聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言ったら、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
ここで食べた梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
なんと、さっそく梅干しを注文してしまった。

湿気の多い金曜の夜明けは読書を
去年の真夏、冷房の効いた部屋の中で冷たいドリンクばかり飲んでいた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必要だと思いついたから。
乾燥した部屋の中で、シャツ一枚、それにレモネードにアイスなど。
なので、快適だと感じていた暑さ対策。
だけど、やってきた冬の時期、いつもよりかなり震えを感じることが多かった。
部屋の外で行う業務がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎて買い物にすら出れないという状態。
なので、おそらく、夏の過ごし方は冬の体調管理にもつながると思う。
十分に栄養を摂取し、偏りのない生活をすることが一番だと思う。

自信を持って話す弟と履きつぶした靴

水彩画やフォトなど芸術が好きだし、絵も下手ではないけれど、写真撮影がとても苦手だ。
でも、かつては一丁前に、ペンタックスの一眼を持ってた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
ビックリするくらいレンズが合ってなかったり、変な配置なので、一眼が可哀想だった。
それは良いとしても、写真や写真の加工はやっぱり最高にカッコイイと感じる芸術だ!

気持ち良さそうに走る友人と枯れた森
普段、自宅で個人的に行えるような業務をして、繁忙期に声があるとチームの仕事に出る。
その稀にだけど、非常に怠く感じてしまう。
この際辞めてしまおうとか。
行くと頑張るけれど、大勢の人に囲まれて、みんなで業務をこなすのは気疲れする。
なんて、友達に持ちかけると、言いたいことは理解できるけど、と言って、クスクス笑っていた。


PAGE TOP

人生において、「第一歩」の意味合いってなんだろう。無関係って言えるだろうか。「パエリア」は、あなたにとってはどんな意味があるんだろう。
Copyright (C) 2015 姉ちゃんはスジの通った意見を言う All Rights Reserved.